反射防止膜用低屈折率フッ化物のナノ粒子分散液 - CNP-P

名称反射防止膜用低屈折率フッ化物のナノ粒子分散液 - CNP-P
英名Fluoride nanoparticles dispersion with low reflactive index for anti-reflection film - CNP-P
化学式-
既存化学物質番号-
CASNo-
用途

屈折率調整用フィラー、反射防止膜用フィラー、LED封止材用フィラー

包装形態

樹脂容器、ガラス容器、ペール缶など

説明

・各種塗料との相溶性が高いPGMEを分散溶媒に用いています。
・屈折率は約1.35と低く、反射防止膜等のフィラーとして、フッ化マグネシウムよりも良好な
 光学特性を発揮します。
・中空シリカよりも高いアルカリ耐性をもつフッ化物ナノ粒子です。
・CNP-Pのフッ化物に表面処理を施した分散液(CNP-PS1)を開発しました。
・CNP-PS1は樹脂材料への相溶性とフィルムの強度の向上が期待されます。

  

CNP-P分散液のSEMイメージ

CNP-P分散液概観

CNP-PS1分散液イメージ

 

製品に関するご質問・お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください

お電話からお問い合わせ

  • 大阪06-4707-1515
  • 東京03-5219-8111

営業部 9時~17時40分(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)

メールフォームからお問い合わせ