沿革

1916(大正5年) 堺市に橋本升高堂製薬所を創業、硫酸塩の製造開始
1930(昭和5年) フッ素化合物の製造を開始
1934(昭和9年) 合名会社橋本製薬所を設立
1944(昭和19年) 橋本化成工業株式会社(大阪府堺市)を設立
1945(昭和20年) 少林寺工場(大阪府堺市)で硫酸銅の生産再開
1956(昭和31年) 三宝工場(大阪府堺市)を再開、フッ化水素酸製造設備を増設
1961(昭和36年) 三宝工場にフッ化水素酸、フッ化アルミニウム、その他フッ化物製造設備を増設
1963(昭和38年) 三フッ化ホウ素ガスの国産工業化に成功
1970(昭和45年) 泉工場(大阪府泉大津市)を設置
1971(昭和46年) 三宝工場に乾式フッ化アルミニウム製造設備完成
1973(昭和48年) 少林寺工場設備を泉工場に移設統合
1984(昭和59年) 三宝工場に半導体用高純度フッ化水素酸クリーンプラント(PAS-Ⅰ)完成
1990(平成2年) 本社を大阪市西区に移転
社名を橋本化成株式会社に変更
三宝工場に半導体用超高純度フッ化水素酸クリーンプラント(PAS-Ⅱ)完成
1991(平成3年) 運輸部門を分離独立し、100%子会社ブルーエキスプレス株式会社を設立
1992(平成4年) アルミニウム合金製造停止
1994(平成6年) 韓国に合弁会社フェクト株式会社を設立
1996(平成8年) 泉工場に六フッ化リン酸リチウムの新プラント完成
1997(平成9年) 三宝工場に新事務棟・研究所完成
社名をステラケミファ株式会社に変更
1999(平成11年) 三宝工場に半導体用超高純度フッ化水素酸クリーンプラント(PAS-Ⅲ)完成
本社を大阪市中央区に移転
大阪証券取引所市場第二部に上場
2000(平成12年) 東京証券取引所市場第一部および大阪証券取引所市場第一部に上場
2001(平成13年) シンガポールに100%子会社STELLA CHEMIFA SINGAPORE PTE LTDを設立
2002(平成14年) 中国に合併会社浙江瑞星フッ化工業有限公司を設立
2006(平成18年) 三宝工場を拡張
2007(平成19年) 100%子会社ステラファーマ株式会社を設立、メディカル事業を本格化
三宝工場に半導体用超高純度フッ化水素酸クリーンプラント(PAS-Ⅳ)完成
2008(平成20年) 100%子会社ステラグリーン株式会社を設立
2009(平成21年) アライズ・コーポレート株式会社を買収(100%子会社化)
2010(平成22年) 100%子会社コスメ ド ステラ株式会社を設立、ステラファーマ株式会社よりコスメティック事業を譲渡
2012(平成24年) 泉工場に六フッ化リン酸リチウムの増設プラント工場完成
2014(平成26年) 北九州工場(北九州市八幡西区)を設置
2015(平成27年) 中国に合弁会社衢州北斗星化学新材料有限公司を設立