コーポレートガバナンス

基本的な考え方

法令順守に基づく企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する企業環境に対応した迅速な経営意思決定と、経営の健全性向上を図ることによって、企業価値を継続して高めていくことを、経営上の最重点課題のひとつとして位置づけています。その実現のために、株主の皆様をはじめ、取引先、地域社会、従業員等の利害関係者との良好な関係を築くとともに、株主総会、取締役会、監査等委員会、会計監査人など、法律上の機能制度を一層強化・改善・整備しながら、コーポレート・ガバナンスを充実させていきたいと考えています。
また、株主・投資家の皆様へは、迅速かつ正確な情報開示に努めるとともに、幅広い情報公開により、経営の透明性を高めてまいります。

コーポレートガバナンスの体制

governance_2016.gif

ステラケミファは、長期安定的な企業価値向上の実現のために、ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを通じて良好な関係を築き、また社会的責任を果たしながら、グローバル環境における経営の透明性を高めていくことを継続的に取り組んでいます。

Stellaの技術、製品、さらには会社のあり方までを、どこにもないStella Chemifaにこだわっている証です。世界中見渡しても見つけることができないであろうオンリーワンの企業を目指して先端産業界の発展に寄与することで、お客様・社会の笑顔をいただき、それを「安定した経営基盤」につなげていくというものです。

コーポレートガバナンス体制概要

取締役会

取締役会は、12名の取締役(3名の監査等委員である取締役(うち2名が社外取締役)を含む。)で構成され、原則として毎月1回および必要に応じて臨時に開催されます。法令、定款、取締役会規程で定められた事項や経営の基本方針等の重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行を監督します。

監査等委員会

監査等委員会は、3名の監査等委員である取締役(うち2名が社外取締役)で構成され、原則として毎月1回および必要に応じて臨時に開催されます。監査等委員会で策定された監査方針および監査計画に基づいて、内部監査部および会計監査人との連携の強化や情報の共有化を図り、適切な監査体制の構築に努め、取締役の職務執行を監査します。

経営会議

経営会議は、執行役員等の幹部社員で構成され、原則として毎月1回開催されます。取締役会が定めた経営方針に基づき、新製品の開発、大型設備投資、経営組織の改編など重要な経営課題に対し、迅速に対応します。

コンプライアンス委員会

コンプライアンス委員会は、取締役社長、部門統括および内部監査部で構成され、原則として半期に1回以上および必要に応じて臨時に開催されます。当社および当社グループにおけるコンプライアンス上の問題を管理・処理し、もって経営および業務執行の健全かつ適切な運営に資するため、コンプライアンス施策の実施・運営を行います。

保安管理委員会

保安管理委員会は、生産部門、研究開発部門および管理部門担当の各取締役、各工場拠点の工場長ならびに労働組合関係者で構成され原則として半期に1回以上および必要に応じて臨時に開催されます。当社および当社グループ会社における保安管理の円滑な運営を図り、事故等を未然に防止するための取組を行います。

内部監査部および内部統制室

内部監査を担当する部門として、当社に内部監査部および主たる子会社であるブルーエキスプレス株式会社に内部統制室を設置しています。当社内部監査部は、組織上独立した監査等委員会直属の機関とし、当社ならびに関係会社の制度、組織、業務および経営活動全般に対する監査、監査等委員会事務局等の業務を担っています。

弁護士・会計監査人の状況

法律事務所と顧問契約を締結し、必要に応じて法律的側面から見た経営について、適切なアドバイスを受けています。また、会計監査人である新日本有限監査法人からは、会計監査を受けています。

コーポレートガバナンス報告書(平成28年6月17日更新)

コーポレートガバナンス報告書をダウンロードしてご覧いただけます。