メディカル事業

特徴

メディカル事業では、世界でも画期的ながん治療であるホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy: BNCT)の開発に取り組んでいます。

BNCTとは、体内に注入したホウ素薬剤をがん細胞に取り込ませて、体外から中性子線を患部に照射し、その際に生じるホウ素(ボロン10)と熱中性子との核分裂反応を利用してがん細胞を選択的に破壊する粒子線治療の一手法です。
従来の放射線治療では、通常の細胞にもダメージを与えてしまうため副作用の恐れがありましたが、BNCTではがん細胞のみをピンポイントで破壊するので、身体への負担の少ない治療法として期待されています。

ホウ素薬剤の製造には、濃縮ホウ素(ボロン10)を生成する技術が欠かせませんが、ステラケミファは国内で唯一のボロン10の濃縮プラントを保有しています。その独自の技術を生かし、世界でも類を見ないがん治療の実現に向け開発に注力しております。

現在、子会社のステラファーマが公立大学法人大阪府立大学と共同で開発を行ったホウ素薬剤と住友重機械工業株式会社製のBNCT用加速器照射システムを用い、治験を実施しています。
ひとりのかけがえのない命のために、1日でも早い承認を目指して進めてまいります。

BNCT(ホウ素中性子補足療法)に寄せられる大きな期待

medical_bnct.png

がん診断技術への取り組み

がんの早期発見に役立つ技術である「PET診断」に用いる新たなPET薬剤の開発に取り組んでいます。
現状では、検出の困難な脳腫瘍も検出が可能となることから、BNCTと組み合わせ、がんの早期発見、早期治療を実施する体制を目指します。

ステラファーマ株式会社 公式サイト

ステラファーマ株式会社